どこで乾かせば良いのか

窓を開けて室内を換気しよう

窓を閉め切っていると、湿気がこもってしまいます。
雑菌が繁殖しやすい環境になるので、臭いが服に残ります。
窓を開けて、空気の通り道を作ってください。
また、衣類同士の間隔も開けると良いですね。
窓を開けていても、衣類同士をくっつけていたら乾燥しません。
むしろ湿気の方が増えるので、逆効果になってしまいます。

ですから、広いスペースを用意しましょう。
大量の洗濯物がある場合は、ベランダとリビングで干すなど工夫するのが良い方法です。
室内干しをすると、臭いが残ると考えている人が見られます。
しかし雑菌の繁殖を抑えることができれば、室内干しでも嫌な臭いはしません。
窓をしっかり開けて、換気することを忘れないでください。

家電を使って乾燥させる

雨が降っている時は、窓を開けることができません。
そんな時に役立つのが、除湿器や乾燥機です。
スイッチを入れておけば、締め切った部屋でも室内を乾燥させることができます。
貼れていても、春には花粉が飛んでいます。
窓を開けていると花粉が服について、反応してしまう人がいるでしょう。
そんな時も、家電を使ってください。

換気扇が備わっている部屋だったら、それを使っても良いと思います。
便利な家電がたくさん販売されているので、服を乾かす時に使ってください。
湿った状態でいつまでも放置していると、臭いが残ってしまいます。
短時間ですばやく乾かすことが、臭い対策になると覚えておきましょう。
コンパクトな家電もあるので、設置しても邪魔になりません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ