嫌な臭いを改善するために

これまで使っていた洗剤に含まれる成分が、汚れや臭いの成分に負けてしまことがあります。 それが原因で洗っても、嫌な臭いが落ちなかったのかもしれません。 もっと、強力な洗剤に変えてください。 自分に合った洗剤を見つけることで、きちんと衣類が綺麗になります。

洗剤を見直してみよう

洗濯したはずなのに、服に嫌な臭いが残ってしまうことを悩んでいる人が見られます。
ですがちょっとしたコツを意識するだけで改善できるので、まずは洗剤を見直してください。
洗剤を強力なものに変えることで、臭いを失くせます。
特に汗の臭いは、染みついて取れないことが多いです。
スポーツの汗用の洗剤もあるので、運動する機会が多い人や、汗っかきの人はそれを使用すると良いでしょう。
洗剤の量も、必ず守ってください。

衣類を、洗濯機に入れすぎないことも重要です。
満杯になるまで入れていると、うまく洗濯機が回りません。
それでは汚れも臭いも、取れなくなってしまいます。
余裕があるぐらいの方が、洗濯機がよく回るでしょう。
洗濯したい衣類がたくさんある場合は回数を分けてください。
回数が増えると面倒に感じるかもしれませんが、汚れや臭いが落ちなかったら洗濯しても意味がありません。
洗濯の時間に、余裕を持ってください。

乾かす場所も、意識してください。
風通しの良い場所で乾かすことで、しっかり臭いも取れます。
臭いの原因は、雑菌が繁殖することです。
湿っているところで洗濯物を乾かしても、雑菌が付着してしまうので逆効果になります。
室内で干す場合は特に、部屋を乾燥させることを意識しましょう。
必要であれば、除湿器や乾燥機を使うのが良いですね。
晴れている日は窓を開ければ良いですが、雨が降っている日はできません。
そんな時に、乾燥機などが役立ちます。

満杯にしてはいけない

たくさんの衣類を洗うために、洗濯機内をぎゅうぎゅう詰めにしている人が見られます。 それでは、洗濯機が正しく回りません。 汚れが落ちないので、回しただけ無駄になります。 綺麗に汚れも臭いも落とすためには、洗濯機内に余裕持たせることが重要だと覚えておきましょう。

どこで乾かせば良いのか

正しい洗濯をしても、臭いが残ることがあります。 それは、乾かしている場所に問題があるのかもしれません。 どこで乾かせば押良いのか、学んでください。 雑菌が臭いの原因になるので、繁殖しにくい場所を選択するのが良い方法です。 乾かす場所も考えて、臭い対策をしなければいけません。

△ ページTOPへ